梨(なし)

幸水/あきづき

太陽を十分に受けて丁寧に育てたみずみずしく、食感もきめ細かな梨。食味の良さが自慢です。
梨は漢方薬にも使われていたように、美容や健康にもよい果物。
朝お召し上がりになることをお勧めします。
 

梨の品種は収穫時期により変わります

 
梨

8月中旬〜8月末 : 幸水

8月末に収穫される梨の代表品種。
果肉は緻密で多汁。
甘味が強く酸味は控えめです。

9月末〜10月上旬 : あきづき

ようやく一般的に出回るようになった、比較的新しい品種です。
緻密で柔らかく非常にジューシー。酸味の少なさとあいまって甘さが際立ちます。
当園でも圧倒的な人気が出てきそうな予感がします。

《 梨の栽培の工夫》

樹の元気な生命力のための土壌づくり。

植物は、根をはって育ちます。だから土質が肝心です。元気な土に立つ果樹は、本来の生命力を発揮してのびのびと育つことができるのです。良い土壌づくりをすると、無駄な農薬や肥料を使わずに育つことができるのです。

もみがらに米ぬかと微生物を混ぜ合わせて堆肥をつくり、さらに土壌改良資材を加えて土に撒きます。また、畑には炭を埋め、散布する水もより上質に毎年改良を重ね、常に土壌が健康であるよう管理をしています。

葉により多くの太陽の光を浴びせる枝管理。

梨の枝は、太陽に向けて立つように一本一本固定します。
葉がたくさんの光を浴びて、
自ら栄養を作り出せるようにするためです。
一般的にはこんなことまでしないんです。
とても手間がかかりますから…


《梨の美容と健康の効用》

梨の原産地は中国で、漢方薬としても利用されています。
果実には食物繊維が多く含まれ、「コレステロール」を吸収しにくくしたり、「便秘解消」に効果があります。また、その他の成分により「むくみ」を取ったり「血圧を下げる」「二日酔い」等に効果があると言われています。
 

ページ上部へ